• 事業所案内
  • 沿革
事業所名
特定非営利活動法人 就労継続支援B型 アイ・コラボレーション
所在地
〒525-0034
滋賀県草津市草津2丁目5-16
TEL:077-569-4777 FAX:077-569-4791
設立
2000年 4月
代表者
理事長 山本 英嗣(やまもと ひでつぐ)
従業員数
20名(うち障がい者16名)
事業内容
WEB/DTP/映像コンテンツ事業・IT訓練事業
2000年
    • 04月
    • 脊髄損傷者協会会長ほか3名の有志で設立・活動を始める。
    • 05月
    • メンバー12人を集め設立総会開催(滋賀県立福祉センターにて)
    • 06月
    • 草津市本陣商店街の一角に事務所を構えると共に、サンヒルズ甲西で全員研修を開始。
    • 07月
    • 事務所の改修工事(トイレ等)を進めながら、週1~2回のペースで研修。後半には早くもホームページを立ち上げるメンバーが続出。
    • 08月
    • 中旬に事務所改修完成。草津を拠点にした活動が始まる。
    • 09月
    • 事務所にて、研修と共にホームページ作成の仕事を始める。バリアフリートイレマップなど脊損協会や福祉協会のホームページを手がける。
    • 10月
    • 従来型共同作業所として行政の助成を受ける。
    • 11月
    • (財)ニューメディア協会シニアベンチャー案件に「オンデマンド福祉情報ネットワーク事業」が採択。
    • 12月
    • ホームページ作成・アイモード地図作成など。
2001年
    • 03月
    • 仕事が推移する。また、最低賃金を保証した時給制で給料が支払えるようになる。
    • 04月
    • 事業所型共同作業所としてのスタートをきる。また、滋賀県平成13年度の予算より「在宅障碍者のIT(情報技術)活用モデル事業」の委託を受ける。
    • 09月
    • 各地のイベント・地元振興の催しに参加。デジカメTシャツなどが好評。
    • 10月
    • 滋賀県の社会福祉事業団・社会就労事業振興センター(SELP)・アイ・コラボレーションの4団体(組織)で、21世紀の福祉情報のネットワーク化を目指して、「オンデマンド福祉情報ネットワーク協議会」(OWIN)を設立する。
    • 11月
    • 「障害福祉のてびき」デジタル化の成果として、OWIN&アイ・コラボレーションで冊子・CD-ROMを発行する。
2002年
    • 04月
    • 滋賀県より平成14年度の「在宅障害者IT活用支援事業」の委託を受ける。また、ESCAP「国連アジア太平洋障害者の10年」の交流イベントのネットワーク事業を受注する。
    • 10月
    • ESCAP「国連アジア太平洋障害者の10年」に参加。
2003年
  • 10月
  • NPO法人オンデマンド福祉情報ネットワーク協議会湖西事業部 アイ・ヘルプ開所。
2004年
  • 10月
  • 規模拡大のため草津事務所移転。
2006年
  • 07月
  • 行政から受託したIT訓練(障がい者の態様に応じた訓練)実施。
2007年
  • 03月
  • 法人格取得 特定非営利活動法人アイ・コラボレーション
2009年
  • 04月
  • 就労継続支援B型事業に移行
2012年
  • 03月
  • 規模拡大のため草津事務所移転。